Gorgonzola
ゴルゴンゾーラ
 
 
原産地
ピエモンテ州、ロンバルディア州
原料乳
牛の全乳(殺菌乳)
製品100g中
エネルギー:352kcal、たんぱく質:21g、脂質:29g、炭水化物:1.7g、食塩相当量:1.7g
M.G.
最低48%
形状
直径30cm、高さ20cm、重さ12kg
熟成期間
最低2〜3ヶ月
 イタリアが生んだブルーチーズの傑作。世界三大ブルーチーズのひとつ。ロンバルディアの方言で「パセリの緑」のことを「erborin(エルボリン)」というため、イタリアではゴルゴンゾーラのようなブルーチーズのことを「erborinato(エルボリナート)」と呼びます。「erborin」の正体は「ペニシリウム・ロクフォルティ」と呼ばれるブルーチーズ特有の青カビで、殺菌後の原料乳に混ぜ込んで作ります。ねっとりとしていて甘味があり、他のブルーチーズと比べて塩味もマイルドでクリーミーな味わいです。
DOP
1955年8月30日DOC取得、1996年6月12日DOP取得
Gorgonzola Piccante
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ
 ゴルゴンゾーラには生地の状態から2つのタイプがあり、イタリアで一般に流通しているのは、クリーミーさが人気のドルチェタイプと呼ばれるものです。ブルーチーズ特有の青カビ「ペニシリウム・ロクフォルティ」は空気がないと繁殖できないため、ゴルゴンゾーラの製造では鉄または銅製の針で生地を貫通して、空気穴をあけてやります。こうしてできた青カビの「血管」がより多く、生地が締まってぎっちりと詰まっている方をピカンテ(辛口)と呼びます。
ゴルゴンゾーラメーカーbassi社訪問レポート